寒いところに長時間いれば風邪をひくのは当たり前

先日、屋外に6時間ぐらいいたことがありました。
その日は天気もよく、気温も高いと思っていたのです。
しかし夕方からちょっと肌寒いかなと思うようになってきました。
その状態が数時間続き、翌日にはのどの調子が悪くなりました。

風邪の初期症状には個人差があると思います。
いつものどがおかしくなって、本格的に体調が悪くなるので、これは完全に風邪だなと思いました。
寒い場所に長時間いるというのは、風邪をひく大きな原因になると思います。
気温が高くて暖かいと感じていても、羽織るものがあればよかったんじゃないかなと後悔しました。
暑ければ羽織る必要はありません。
肌寒いと感じてきたら対策を取ればいいだけです。

外の気温というものを少し甘く見ていたんだなと思いました。

風邪の初期症状が出たら、出来るだけビタミンCを多く含んだドリンクを飲むようにしています。
炭酸が含まれていれば、痛みのあるのどにもよい刺激となります。
ビタミンCは粘膜にも効果がある栄養素ということなので、のどや鼻にもいいと聞いたことがあります。
のどの痛みの初期症状だけで抑えることができ、寝込むほどの状態にはならなかったので良かったです。

冬になれば寒いというのは当たり前のことなのですが、秋口であっても気温が低くなることはあるので、もしも屋外にいる時間が長くなるようであれば、羽織るものは絶対に必要だと思います。
気温に対する対策をしっかり取ることによって、風邪は予防することができると思います。ドモホルンリンクルを体験してみました!