仕事の時間に必ず遅れてくる同僚

私は一日の仕事を同僚とシェアしています。というのは、週の何日かは一時に仕事が終わり、そのあとに同僚に引き継ぐのですが、この同僚がその仕事の引継ぎ時間に必ず遅れてくるんです。それも、10−15分は毎回必ず。確かに私たちのシフトはちょっと複雑かもしれません。それはわかっているのですが、毎回というのはちょっと困ります。最初の2,3回はまあ仕方ないかと思って、いいわよって言っていたのですが、私がいいわよって言うからなのでしょうか?彼は必ず遅れてきて、しかもいつも同じように、「本当にごめん!ちょっと頭が混乱しちゃってすっかり勘違いしてて。」とか、何の勘違いかわからないけど言い訳三昧なんです。しかも遅れてくるだけではなく、すっかり忘れていることもあるのです。本当に困ります。上司にも話して、上司もわかっているのですが、どうやら彼にはストレス性の持病があり、強く言えないところがあるらしいのです。上司は、「彼もわざとやってるわけじゃなくて、忘れているだけだから、ね。大目に見てあげてくれる?」と言うのですが、誰もわざとやってるなんて思ってないし、その忘れるってことが問題なんじゃないですか?と思うわけですが、全く解決になりません。それでとうとう私は彼に直接、「シフトが複雑なのはわかってるけど、毎回遅れてもらうのは困るから、シフトをラミネートフィルムで作ってIDカードと一緒に胸に貼ったら?」と言ってみたんです。そうしたら、「うーん、でもきっと僕はその紙を見るってことも忘れるんじゃないかと思うんだよね。」と言われました。もうお手上げです。イラっとしてばかりの毎日です。アシュラーツを買ってみました!

陰口三昧のパート主婦にイラっとした話

娘たちが通う小学校はとにかくPTAの活動が盛んです。環境としては、小学校周辺の集落は三世代同居、兼業農家、地元密着型自営業がデフォでして、そこから少し離れた場所に新興住宅地があります。しかし、この新興住宅地にも一癖あり、最初に分譲を開始した時には大手ハウスメーカーの建売や分譲地を広めにとるなど高級感を押し出した売り、その後方向性を変えたのか残り三分の二ほどを工夫を凝らしてお手頃価格で売りに出した状態でした。つまり、小学校の保護者は大きく三世代同居のお嫁さん、高級住宅地に住む専業主婦、生活に追われる共働きパート主婦の3つに分かれることになります。(高収入、高学歴夫婦など少数派も数人いらっしゃいます)この3グループが仲良く協力してPTA活動を行うなんて土台無理なんです。まずお嫁さんたちは日頃義両親に干渉され口答えできずにうっぷんが溜っているのか、やたらとPTAで集まりたがります。(PTAでもないと堂々と外出できないのでしょうか?)すると、パートを休むことで生活が脅かされるパート主婦は「私には仕事がありますから!」と猛反撃、会合のドタキャン率は高くなります。その結果何が起こるかというとPTAの会合にはお嫁さんと専業主婦の参加率が高くなります。そして、お嫁さんは無駄話ばかりでPTAの仕事なんかやりたがりません。(普段、義両親からこき使われているのでPTAでまで働きたくないのでしょうか?)仕方なく教育レベルが高く人の良い専業主婦がPTAの面倒な仕事をやり、それを面白くないパート主婦が夕方のスーパーなどで固まって陰口を叩くという地獄絵図です。実は私は一応、専業主婦グループなので(グループの中ではロースペックですが)何らかの事情でスーパーに行くのが夕方になってしまった場合にはこの醜い僻み心に支配されたパート主婦から睨みつけられながら買い物することになります。本当にもう、同じ小学校に子供を通わせるお母さん同士もっと仲良くできないものですかね。パート主婦は固まってコソコソと陰口を言っている姿が醜いことに気づいていないのでしょうか?相手にしなければよいとは思っていますが、やはり視界に入るとイラっとしてしまいます。私もまだまだ修行が足りませんね。ドモホルンリンクルの効果が知りたいです。

風邪予防についてと風邪薬などについて

 僕は風邪予防のためににんにくとしょうがをつかったレシピを作っています。さらに長ネギも咳止めにいいです。風邪の多い冬は、鍋ににんにくとしょうが長ネギをみじん切りにしてごま油で炒めたものを入れています。そのおかげで去年はあまり咳き込んでいなかったと思うんです。咳がでやすい体質の自分ですが、その食材のおかげで咳き込んで辛い時期を乗り切りました。咳には長ネギがいいんですが、しょうがも風邪予防の中心的な存在です。それだけで風邪をひきにくくて咳き込まないですむならそうしようと思うんです。
 それと風邪になってしまったその時は内科の総合病院に行っています。ちょうど自分の行きつけの精神科に内科もあるのでその関係上つかうことがあるんです。インフルエンザやその他の風邪などにも内科にかかることもあったんです。薬は風邪にはメジコン酸という薬をよく飲んでいました。インフルエンザの時もタミフルやリネンザを飲んでいました。内科の主治医のとおりで内科はいい先生に恵まれて丁寧な診察でよかったと好評でした。咳がつらいときも投薬が丁寧で咳もすぐにおさまることが多かったです。自分の咳は少し長引くことがあり、気管支喘息だから咳がつらいのはしかたないことです。
 昔、個人病院に行っていましたが改善されることが少なかったんですが、総合病院の方が自分にはむいていると思うんです。風邪の種類もいろいろな種類がありますが、熱が38度の時などは驚いてびっくりしたこともあるし、体がだるかったです。しかし薬を飲めば熱は割と下がりやすい体質なんだろうなと思うことがありました。今年も風邪予防に注意して過ごしたいです。めっちゃぜいたくフルーツ青汁

協調性や思いやりが無い転勤者に対する苛立ち

去年の10月から補充要因として1名が私の職場に異動してきました。
少し一緒に仕事をする分には無口であまり愛想は良くない人だなという印象でした。
しかし段々と不愛想なのではなく人を思いやる気持ちが全く無い人だということがわかりました。
ある日の夜間にその人と2人で残業をしている時に、私は深夜でクタクタだったので休みながら仕事をしていると「少し寝てきたらどうすか」とぶっきらぼうに言われたが、ご厚意に甘えて少し横になることにしました。
自分でもアラームはかけるが、もし起きなかったら起こしてほしいと告げ、私は2時間ほど眠ることにしました。
ところが起きることが出来なかった私は4時間眠ってしまいました。
その間彼はというと、私のことを気にもとめず仕事をしていました。
どうして起こしてくれなかったのかと聞くと「別に起こす理由がない」と言われました。
もちろん寝坊した私が文句を言う権利はないが、そのくせその人は「俺の寝る時間が無くなった」と言い始めました。
流石に私は「なら私を起こすだけで済む話ですよね」と怒ってしまいました。
結局そのことが朝に来た上司に全て話がいってしまい、私は寝ていた分を取り返すために結局昼まで働き、相勤の彼は2時間早く帰りました。
このケースはそもそも私が自分の力で起きれれば良かったのですが、それにしても相勤の人の言動や考え方にはイラっときました。
私のことを貶めたいのかと思ったほどで、その後も周りの人々に非協力的な態度をとったりと問題行動ばかり起こしていました。デパスを通販で買うには?