陰口三昧のパート主婦にイラっとした話

娘たちが通う小学校はとにかくPTAの活動が盛んです。環境としては、小学校周辺の集落は三世代同居、兼業農家、地元密着型自営業がデフォでして、そこから少し離れた場所に新興住宅地があります。しかし、この新興住宅地にも一癖あり、最初に分譲を開始した時には大手ハウスメーカーの建売や分譲地を広めにとるなど高級感を押し出した売り、その後方向性を変えたのか残り三分の二ほどを工夫を凝らしてお手頃価格で売りに出した状態でした。つまり、小学校の保護者は大きく三世代同居のお嫁さん、高級住宅地に住む専業主婦、生活に追われる共働きパート主婦の3つに分かれることになります。(高収入、高学歴夫婦など少数派も数人いらっしゃいます)この3グループが仲良く協力してPTA活動を行うなんて土台無理なんです。まずお嫁さんたちは日頃義両親に干渉され口答えできずにうっぷんが溜っているのか、やたらとPTAで集まりたがります。(PTAでもないと堂々と外出できないのでしょうか?)すると、パートを休むことで生活が脅かされるパート主婦は「私には仕事がありますから!」と猛反撃、会合のドタキャン率は高くなります。その結果何が起こるかというとPTAの会合にはお嫁さんと専業主婦の参加率が高くなります。そして、お嫁さんは無駄話ばかりでPTAの仕事なんかやりたがりません。(普段、義両親からこき使われているのでPTAでまで働きたくないのでしょうか?)仕方なく教育レベルが高く人の良い専業主婦がPTAの面倒な仕事をやり、それを面白くないパート主婦が夕方のスーパーなどで固まって陰口を叩くという地獄絵図です。実は私は一応、専業主婦グループなので(グループの中ではロースペックですが)何らかの事情でスーパーに行くのが夕方になってしまった場合にはこの醜い僻み心に支配されたパート主婦から睨みつけられながら買い物することになります。本当にもう、同じ小学校に子供を通わせるお母さん同士もっと仲良くできないものですかね。パート主婦は固まってコソコソと陰口を言っている姿が醜いことに気づいていないのでしょうか?相手にしなければよいとは思っていますが、やはり視界に入るとイラっとしてしまいます。私もまだまだ修行が足りませんね。ドモホルンリンクルの効果が知りたいです。